美容コラム

ニキビで悩んでいるなら病院へ

2018.07.29
ニキビ

ニキビが出来る仕組み

知らず知らずのうちにできているニキビ。10代の若者だけではなく、大人ニキビに悩んでいる方も多くいます。治ったと思ったら他のところにまたニキビができている・・・なんて経験をした方は多いのではないでしょうか?ニキビは症状によって治療方法が違います。間違ったケアをするとニキビが悪化する可能性があります。そのために皮膚科・美容皮膚科で治療することが大切です。

からだのリズムや生活スタイル・栄養バランスやストレスなどニキビの原因は様々です。
ニキビが出来る仕組みは毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖し、毛穴の中で炎症を起こすことでできます。アクネ菌は普段は悪いものではありませんが、空気のない状態だと増える性質があります。そのため、毛穴に皮脂がつまり密閉状態になるとアクネ菌が毛穴の中で増殖し、炎症のもとになる成分をつくります。これがニキビの出来る仕組みです。

病院での治療の効果

ニキビは放っておくと治りにくくなり、ニキビ跡が残ることがあります。そのため、ニキビができたらすぐ治療することが重要です。皮膚科や美容皮膚科での治療を受けるようにしましょう。
皮膚科での治療はニキビを治す治療が基本です。
治療方法としては内服薬・塗り薬を使い炎症や殺菌を行います。
美容皮膚科ではニキビの治療だけではなく、ニキビを予防して肌トラブルのない肌にすることを目的としています。
治療方法としてはレーザー治療・ピーリング・内服薬やニキビ跡の治療を行っています。
主なニキビの治療方法は塗り薬・飲み薬・ピーリング・レーザー治療です。
・皮膚科で処方される塗り薬
皮脂の分泌の抑制・皮脂の新陳代謝促進・抗菌作用・炎症を和らげるなどの効果があります。
・皮膚科で処方される内服薬
抗生物質・炎症や皮脂の分泌を抑制する・ホルモンバランスを整える効果があります。

美容皮膚科では、皮膚のトラブル・病気を治療する事はもちろんお肌を美しく整える事までが目的の治療が行われます。自分に合った最善の方法で治療を行うことができます。
・ピーリング
肌に蓄積した古い角質の除去を行い、ターンオーバーの乱れを改善する効果があります。
肌の角質は古くなる自然とはがれ落ちていくものです。しかし肌の不調によって古い角質がはがれ落ちず溜まってしまうと乾燥や肌トラブルを起こしやすくなり、角質が厚くなることで肌のトーンダウンを起こします。蓄積した古い角質をはがすためのケアをピーリングといいます。
・レーザー治療
レーザー治療とはニキビを短期間で治すことができます。
ピンポイントでニキビの原因であるアクネ菌を殺菌し、炎症を鎮める効果があります。
アンチエイジング効果やシミ・くすみなどにも効果があります。
・ケミカルピーリング
グリコール酸や乳酸、フルーツ酸の酸性の薬剤を肌に塗ることで、毛穴に詰まっている角栓老廃物や古い角質を酸で溶かして取り除く治療方法です。肌の代謝を促し、皮膚の肌サイクルを整え高めてくれます。

ニキビを防ぐ為のケア方法

ニキビの原因は皮脂の毛穴のつまりです。
ニキビ予防のケアは洗顔が大切です。過剰な洗顔も皮脂の分泌を過剰にしてしまうので注意が必要です。洗顔で皮脂や天然保湿因子などをとり過ぎると肌の乾燥を誘発し、ニキビの原因になるので注意しましょう。ニキビを予防するケアは以下の4つになります。

・洗顔
朝夕2回洗顔料を使わないぬるま湯洗顔などで洗顔を行いましょう。ニキビは肌の炎症ですので強い洗顔料を使用するのは控えましょう。
・保湿
ニキビケアで大切なのは洗顔だけではなく保湿です。乾燥肌もニキビの原因になります。
肌をしっとりと保つスキンケアを行うことにより肌の健康を保ち、ニキビを予防することができます。
・睡眠
睡眠時間と肌は深い関係があります。どんなにスキンケアをしてもしっかり睡眠を取らなければ意味がありません。通常は7時間程度取るといいと言われていますが、自分がすっきりしたと感じるくらいしっかりと睡眠をとることが大切です。
・食事
内側のケアとしてバランスの良い食事を行いましょう。
皮脂の過剰分泌を防ぎ、新陳代謝を整える、ビタミンB群を豊富に含む食品を意識的に摂取しましょう。
レバー・卵・大豆・マグロ・ゴマ・にんにくなどの食品が有効です。バランスのよい食生活を送ることだけでなく、ニキビのケアには食べ過ぎも禁物です。
ニキビ予防とは普段の生活の中でちょっと気に掛ければできる方法ばかりです。今日からニキビ予防を実践してみてはいかがでしょうか?

ニキビは症状によって治療方法が違います。間違ったケアをするとニキビが悪化する可能性があります。そのために皮膚科・美容皮膚科で治療することが大切です。
ニキビが出来る仕組みは毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖し、毛穴の中で炎症を起こすことでできます。ニキビは放っておくと治りにくくなり、ニキビ跡が残ることがあります。そのため、皮膚科や美容皮膚科での治療を受けるようにしましょう。病院でのニキビの治療方法としては、内服薬や塗り薬、レーザーでピンポイントに治療する方法があります。どちらも比較的早く治す方法ですが、「ニキビの出来にくい肌」にすることも大切です。その為に、生活習慣や食生活の見直しも意識してみましょう。できてしまったニキビは放っておくのではなく、早めの治療が大切です。フェミークリニックでは、患者さまの症状やお悩みを深く理解し、最適な治療方法提供しています。また、医師の診察により、患者さま一人一人の症状に合った内服・外服薬を、過去の症例と照らし合わせながら処方し、ニキビ治療に加え内側からケアすることでより早い肌改善効果が期待できます。重度のニキビ治療・ニキビ跡の治療から軽度の治療法まで最適なオーダーメイド治療を行っています。ニキビでのお悩みがある方は是非一度ご相談ください。

≪ 前の記事

次の記事 ≫

美容コラム一覧へ ≫

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ