美容コラム

VIOラインに黒ずみができる原因

2018.09.19
脱毛

VIOラインに黒ずみができるのはなぜ?

VIOラインは皮膚が薄いため、黒ずみやすい部位です。黒ずみが気になって、VIO脱毛を受けるのを躊躇している方もいらっしゃいます。フェミークリニックでは美容皮膚科診療で色素沈着の相談も受け付けているため、不安な方はご相談ください。ここでは、VIOラインに黒ずみができる原因や、脱毛への影響についてご紹介します。
日差しを浴びるとお肌が黒くなりますが、この仕組みには「メラニン色素」がかかわっています。私たちが紫外線を浴びると、体は肌を守ろうとして、「メラノサイト」と呼ばれる細胞へ情報伝達物質を送ります。メラノサイトには黒い色を作るメラニン色素を作る働きがあり、結果として肌が黒くなるのです。
メラニン色素は紫外線だけでなく、皮膚が刺激を受けることでも作られるため、ご注意ください。VIOラインのような皮膚が薄い部分には、下着と擦れる刺激だけでもメラニン色素が作られてしまい、黒ずみやすくなっています。
また、VIOラインを清潔にしようと強力なボディーソープで洗ったり、頻繁にムダ毛処理をしたり、これらの行動でも黒ずみができるおそれがあります。VIOラインのムダ毛を頻繁に自己処理するのは、避けたほうが無難です。

黒ずみが医療レーザー脱毛に与える影響

医療レーザー脱毛は、体毛のメラニン色素に反応して毛根を破壊しています。このとき、皮膚が黒ずんでいることでなにか影響はあるのでしょうか?
レーザー照射は黒ずみがあっても行えますが、いくつかのデメリットがあります。ひとつは、効果が薄くなることです。皮膚が黒ずんでいると、レーザーの熱が分散してしまい、体毛に伝わる熱の威力が弱まってしまいます。
また、痛みが強いこともデメリットです。色素沈着を起こしていると体毛だけでなく皮膚全体がレーザーに反応するため、通常よりも痛みが強まります。場合によってはやけどや炎症といった肌トラブルが起きるおそれもあるため、お気をつけください。

フェミークリニックでは黒ずみについて相談可能

フェミークリニックでは、色素沈着や黒ずみに関しての相談も受け付けています。VIO脱毛を受けたいけれども、色素沈着が気になるという方は、美容皮膚科診療でご相談ください。
フェミークリニックでは、脱毛時の患者さまの痛みを軽減するために、照射スピードを落としたり、ご希望の方には麻酔クリームを使用したりと、さまざまな工夫をしています。VIO脱毛に不安がある方にもおすすめのクリニックです。

VIOラインは皮膚が薄いため、少しの刺激でも黒ずみやすいのが特徴です。黒ずみがあっても脱毛はできますが、効果が薄まったり、痛みが強くなったりといったデメリットがあります。フェミークリニック梅田院では、色素沈着や黒ずみに関する相談も受け付けています。VIO脱毛をご希望の方は、当院までお気軽にお越しください。

«前の記事

次の記事»

美容コラム一覧へ»

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55