美容コラム

ムダ毛をカミソリで処理するリスクについて

2018.10.19
脱毛

カミソリによる自己処理のリスク

安価で手軽にムダ毛の処理ができるため、カミソリを使用している方が多くいらっしゃいます。しかし、カミソリでの剃毛にはさまざまなリスクがあります。肌荒れや埋没毛を引き起こすおそれがあるため、ご注意ください。可能であれば、フェミークリニックのような美容皮膚科で、医療レーザー脱毛の照射を受けたほうが、お肌に余計な負担がかかりません。ここでは、カミソリによる自己処理のデメリットについてご紹介します。

カミソリによる自己処理は手軽ですが、以下のようにさまざまなリスクがあります。

*乾燥や肌荒れ*
カミソリを肌に当てると、ムダ毛だけでなく肌表面の角質まで削り取ってしまいます。すると、皮膚がうるおいを保てなくなり、肌荒れを起こしやすくなります。特に、お風呂場で剃毛する場合は乾燥しやすいため、注意が必要です。剃毛の後はよく保湿しましょう。

*埋没毛*
埋没毛とは、体毛が皮膚の外へ出てこられず、皮膚の内側で成長してしまう症状です。剃毛によって肌荒れが起きると、皮膚はダメージを増やさないために、ターンオーバーを遅らせて古い角質を溜め込みます。すると、毛穴が角質で塞がり、内部の毛が表面に出られなくなってしまうのです。埋没毛ができると、剃り残しのように見栄えが悪いだけでなく、中で毛が伸びる刺激でかゆみも出てきます。埋没毛を防ぐためには、できるだけ肌に強い刺激を与えないようにお気をつけください。

*色素沈着*
カミソリを使用した自己処理で、色素沈着が起きる可能性もあります。色素沈着の主な原因は、皮膚に強い刺激が加わることです。皮膚には、刺激が加わったとき、肌を守るためにバリア機能のあるメラニン色素を作る性質があります。カミソリを当てると肌に強い刺激が加わるため、メラニン色素が増えて、色素沈着を起こしてしまうのです。特に、足や脇は色素沈着が生じやすいといえます。

肌を守るためには医療脱毛がおすすめ

カミソリで毛を剃ると、お肌に大きな負担がかかります。より安全にムダ毛処理したいなら、医療脱毛がおすすめです。全身脱毛が完了すればお肌を傷つけてまでムダ毛の自己処理をする必要がなくなるため、キレイな状態を保てるようになります。
また、すでに埋没毛ができてしまっている場合でも、レーザーを照射することで改善できる可能性があります。肌荒れや乾燥がひどい方は、ぜひ医療レーザー脱毛を受けてみてください。

肌への負担を抑えた施術が受けられるフェミークリニック

フェミークリニックでは、患者さま一人ひとりの肌質、毛質を考慮した施術を行っております。アトピーや敏感肌の方、日焼けしている方でも、医師が診察した上で安全に治療できるように努めています。脱毛の施術の質はもちろん、カウンセリングやアフターケアに力を入れているのもフェミークリニックの特徴です。お肌に悩みがある方は、ぜひ当院までお越しください。

カミソリでムダ毛を剃ると、肌荒れをしたり、埋没毛や色素沈着ができたりと、さまざまなリスクがあります。お肌を傷つけずにムダ毛を処理したいなら、医療レーザー脱毛を始めましょう。フェミークリニック大阪梅田院では、患者さまの肌質を考慮し、可能な限り負担の少ない施術を行っています。医療脱毛をご希望の方は、数多くの実績を持つフェミークリニックまでお気軽にご相談ください。

«前の記事

次の記事»

美容コラム一覧へ»

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55