Q&A

アンダーヘアの脱毛方法と施術時の体制は?

2018.07.12
脱毛

アンダーヘアの脱毛方法とは?

Vライン、Iライン、Oラインの脱毛について、その施術方法と体勢についてご紹介しています。脱毛するには少し恥ずかしい気がするアンダーヘア。
事前に知っておくことで、いざサロンに出向く時の不安を少しでも無くせます。

アンダーヘア、つまりVライン、Iライン、Oラインですね。
足の付け根やデリケートゾーン、肛門周りの脱毛ですので、脱毛方法も特殊かと思いきや、基本的には他の身体の部分と変わらず、脱毛マシンの器具で腕や足と同じように施術します。
ただスタッフ側としても、お客様のデリケートな部分に手足や背中と同じように触れるわけにはいきませんので、脱毛前の保湿や剃毛はご自身で十分に行う必要があります。
アンダーヘアの自己処理方法など、人に気軽に聞けることではないと思いますので、おすすめの方法をお伝えします。まず胡座をかいて座り、剃りたい部分が見えるように鏡を前に置いて剃ります。
Vラインは、毎回同じ形に剃れるよう、型取りシートを売っているサロンもあります。

施術時の体勢は?

自己処理はともかく、サロンで行うアンダーヘアのV、I、Oラインの脱毛施術時の体勢は気になるポイントだと思います。
手足や背中とは違って身体の隠れた部分ですから、いろいろな体勢が頭に浮かんだ方もいるでしょう。しかし実際は少し足を動かすだけで済んでしまいます。足の付け根であるVラインは一切体勢を変える必要はなく、仰向けに寝て足を閉じたまま行います。
下着のクロッチが当たる部分であるIラインは、仰向けに寝て足を伸ばした状態で、片足で胡座をかくように横に折り曲げます。
そうすればIラインの脱毛ができるスペースができ、脱毛できます。これをもう片方も行います。
Oラインはうつ伏せに寝て足を少し広げるだけで、あとはスタッフがお尻の割れ目を広げて施術します。

施術時の体勢は恥ずかしい?

アンダーヘアの脱毛は、自分でもまじまじと見たことのない身体の部分を他人が見るわけですから、恥ずかしいと思う方が多くいらっしゃると思います。
しかしデリケートゾーンをスタッフが見ることは施術する上で避けられないとしても、先ほども述べたとおり、施術時の体勢は至って普通で、そこまで恥ずかしいと思わないのではないでしょうか。足を大きく広げたり、四つん這いになったりする必要はなく、足を伸ばして寝た状態で、足を少し動かすだけです。
恥ずかしさを感じる程度は人それぞれですので、恥ずかしくないと言い切ることはできませんが、抵抗が少ない体勢だと言えます。

スタッフもアンダーヘアの脱毛では患者様が恥ずかしい気分になることは承知しており、気をそらす為に会話をしながらサッと済ませるなど、配慮を心がけています。

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Q&A一覧へ ≫

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ