Q&A

ニキビ治療にピルが良いって本当?

2018.07.28
ニキビ

ピルの役割

ニキビの原因はたくさんありますが、そのひとつにホルモンバランスの乱れが原因で発生するニキビがあります。そのため、ニキビ治療にピルが使用されることがあるのはご存じでしたか?そもそもピルとはどのようなものか、気になる副作用などとともにお伝えしていきます。

ピルとはホルモンの分泌をコントロールする薬のことです。エストロゲン、プロゲステロンという2つの女性ホルモンが主成分になっていて、排卵を誘発するホルモンを分泌させないことで、高確率で避妊できます。
現在、世界各国の多くの女性が使っているポピュラーな避妊薬ですが、近年、ニキビ治療にも効果を発揮することが判明しました。ニキビ治療としてホルモンバランスを整えるため、ピルを処方する皮膚科も少なくありません。

ニキビ治療とピルの関係

ニキビは男性ホルモンが優位になるとできやすくなります。男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにしますが、その結果、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビが生じるというわけです。
しかし、ピルの主要成分のひとつである女性ホルモンのエストロゲンは、皮脂分泌を抑えて肌のきめ細やかさを保つ働きがあります。そのため、ピルを服用することでニキビを解消できるというわけです。
ピルと一口にいってもさまざまな種類がありますが、だいたいエストロゲンを含有しているので、どれを服用してもニキビ治療には一定の効果を期待できます。ただし、ひとつ注意したいのがピルにプロゲストーゲンが含まれている場合です。女性ホルモンのプロゲストーゲンは、皮脂の分泌を促進するものと抑制するものの2タイプがあります。必ず、皮脂の分泌を抑制するものを選ぶようにしましょう。

ピルに副作用はある?

ニキビ治療薬としても期待できるピルですが、副作用がないわけではありません。頭痛、吐き気、胸の張り、不正出血などが見られる場合もあるので注意しましょう。また、血栓症、子宮頸がん、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクを高めるともいわれていますが、その可能性は極めて低いです。副作用には個人差が大きく、まったく副作用を感じない人がほとんどといわれています。ただし、副作用の危険以上に、ニキビの治療効果を期待できるのがピルの効果です。ニキビ治療がうまくいかないと感じたら、試してみる価値はあるといえるでしょう。医師との相談の上、ピルを使用することが大切です。

ピルは避妊薬としてだけではなくニキビ治療薬としても役立ちます。皮膚科で処方をしているため、気になる方は一度皮膚科へ相談してみてはいかがでしょうか。

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Q&A一覧へ ≫

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ