Q&A

レーザー治療を失敗してしまう事がある?

2018.07.29
シミ

治療が失敗してしまう原因は?

レーザー治療は、効果的なシミの除去方法です。ただし、場合によっては治療が失敗してしまう可能性がないわけではありません。レーザー治療が失敗してしまう理由はどのようなことなのか、詳しくご紹介します。

レーザー治療は機器も技術も進化して、シミやほくろなどの除去に大きな効果を発揮します。ときには、複数のレーザー機器を組み合わせて治療をおこなうことも可能です。しかし、高度なレーザー治療を行っても、失敗してしまう場合があり、それは肌の乾燥状態に大きな原因があるのです。肌が乾燥していると刺激を受けやすいため、せっかくのレーザー治療がむしろダメージに繋がってしまう恐れがあるためです。フェミークリニックでは、肌が乾燥していると判断した場合、レーザーの照射をしない場合があります。

何が原因で失敗してしまうの?

レーザー治療では、軽く輪ゴムで弾かれた程度の小さな刺激といわれていますが、肌が乾燥している状態でレーザーを照射すると、痛みを感じやすくなります。さらに炎症が起きて赤みが出てしまう場合もあり、その赤みが長引いてしまうと、レーザー治療を続行できないこともあります。
肌が乾燥していることによって、レーザー照射後にかゆみが出ることもあります。かゆみを感じると肌をこすりたくなり、その刺激によってダメージになってしまうかもしれません。かゆみがひどいときには、保湿剤を処方してもらうなどの対処が必要です。
かさぶたができにくくなるのも、肌が乾燥していることによって起こりやすい問題です。レーザーによるシミ治療は、かさぶたができて剥がれ落ちることで完治に向かいます。かさぶたができないと、完治が遅れたり、治療の失敗につながりかねません。

対策方法を知って失敗を防ごう

レーザー治療を成功させるためには、肌の乾燥を防いでおくことが大前提です。フェミークリニックでは保湿のための対処を行っていますが、シミ治療の前に肌の乾燥を改善する必要が出てくると、そのぶん治療までの時間が遅れてしまいます。日頃から肌を乾燥させないように、保湿を心がけておくことが大切です。もちろん、どのような方法で保湿をしたらよいかセルフケアで保湿をするよりも、専門医によって保湿ケアを受けたほうが効果的です。肌のコンディションを整えれば、シミ治療にもスムーズに移行できます。

せっかくレーザー治療を受けるのですから、失敗は避けたいところです。シミ治療に実績のあるフェミークリニックでは、治療を成功させるために様々な方法を準備しています。より確実にシミを除去してきれいな肌を取り戻すために、当院のカウンセリングを受けてみませんか?

次の記事 ≫

Q&A一覧へ ≫

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ