Q&A

40~50代女性に人気の「介護脱毛」とは?

脱毛

介護脱毛とは?

40~50代の女性の間で、将来介護されることを考えて「介護脱毛」を行う方が増えています。介護脱毛ではワキやアンダーヘアの処理をするのが一般的です。フェミークリニックでは、VIOラインやワキはもちろん、さまざまな部位の脱毛に対応しています。ここでは、介護脱毛の特徴や注意点についてご紹介します。
介護脱毛とは、将来に自分が介護されるのを想定して脱毛を始めることです。アンダーヘアやワキを脱毛する方が多くなります。特に、アンダーヘアは不衛生になりやすく、多くの方が脱毛を希望する部位です。
実際に介護をする立場になったことで、ご自身のムダ毛処理を検討し始める40~50代の女性もいらっしゃるようです。特に、排泄にかかわるアンダーヘアを脱毛しておけば、介護される抵抗を軽減できます。介護する側にとっても、脱毛してあったほうがスムーズにお手入れできるというメリットがあります。
介護脱毛は介護される側とする側の双方にメリットがあり、年々始める方が増えています。

介護脱毛の注意点

介護脱毛をするにはいくつかの注意点があります。
まず、医療レーザーは黒い毛にしか反応しないことです。レーザーは毛に含まれるメラニン色素に反応して毛母細胞を破壊しています。そのため、白髪には照射しても脱毛効果を得られません。介護脱毛を希望する方は、ムダ毛が白髪になる前に施術を受けておく必要があります。
また、VIO脱毛をする場合は、デリケートな部分であるため、サポート体制のしっかりしているサービスを選ぶ必要があります。可能であれば、脱毛サロンよりも医師が常駐しているクリニックのほうがおすすめです。
フェミークリニックでは、治療中だけでなく、治療後も一人ひとりの患者さまに丁寧なアフターフォローを行っています。万が一肌トラブルが起こった場合でも、安心してサポートを受けられるクリニックです。

フェミークリニックでは患者さまの視点に立った照射を実施

フェミークリニックでは、患者さまの痛みを考慮した施術を行っています。痛みに弱い方には、麻酔クリームを塗ってから照射するといった対応も可能です。
また、当院はスタッフ全員が医療脱毛を経験しているため、患者さまの視点に立った、丁寧な施術ができます。高齢で脱毛を始めることに心配のある患者さまは、ぜひフェミークリニックまでご相談ください。

将来的に介護されることを考えて、ワキやアンダーヘアの脱毛を行う方が増えています。介護脱毛をすることで、衛生面や心理面に大きなメリットがあります。フェミークリニック梅田院では、事前説明やアフターフォローに力を入れており、40~50代で初めて脱毛する方でも安心してお越しいただけます。介護脱毛をご希望の方は、当院までお気軽にご相談ください。

«前の記事

次の記事»

Q&A一覧へ»

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55