Q&A

ワックス脱毛VS医療脱毛!どちらが安全?

2018.10.18
脱毛

ワックス脱毛の仕組み

数ある脱毛方法の中でも、多くの女性から選ばれている、医療脱毛とワックス脱毛。そもそも、これらの脱毛方法にはどのような違いがあるのでしょうか? ここでは、ワックス脱毛と医療脱毛の安全性についてお伝えします。
ワックス脱毛とは、お肌に塗ると固まる性質をもつ特殊なワックスを使用し、ムダ毛を一気に引き抜く脱毛方法です。ワックスを剥がすときには強い痛みが生じます。
ワックスの成分が天然由来であることや、古くから続いている脱毛方法であることから、お肌に優しい脱毛方法といわれることもあるようです。しかし、実際にはムダ毛を毛穴から引き抜いているため、仕組み自体は毛抜きと変わりません。
また、温めたワックスをお肌に乗せるため、不慣れな自己処理による火傷などのリスクが考えられます。ムダ毛を引き抜くことで毛穴が傷つき、埋没毛を引き起こすほか、剥がしたときのダメージで肌荒れを引き起こすおそれもあります。

医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛とは、強い光を発生させる医療機器を使用し、お肌にレーザー光を照射することで、ムダ毛を再生させる器官を破壊する脱毛方法です。数ある脱毛方法の中でも、永久脱毛の効果が認められています。
医療用のレーザー機器は照射力が強いことから、国家資格である医師免許を持つ医師しか使用できないと、法律で定められています。そのため、脱毛クリニックでは医師が診察を行うとともに、看護師の国家資格を持つスタッフに指示を行います。
脱毛効果が強い分、痛みが生じる点に留意が必要です。あくまで我慢できる程度の痛みだといわれていますが、感じ方は人により異なります。また、施術後に一時的に赤みやかゆみが生じるものの、通常これらの症状は自然と落ち着いていきます。

より安全なのは医療レーザー脱毛!

ワックス脱毛も医療レーザー脱毛も、比較的強い痛みが感じられる点では共通しています。しかし、ワックス脱毛が毛穴からムダ毛を引き抜く痛みであるのに対して、医療レーザー脱毛は毛根にダメージを与える痛みであり、両者の脱毛効果には大きな違いがあります。ワックス脱毛の場合は時間とともにムダ毛が再生しますが、医療レーザーによって毛根が破壊された毛穴からは、ムダ毛が再生しません。
また、医療レーザー脱毛は一時的にお肌に軽いダメージが与えられるものの、その後は自己処理の必要がなくなるため、長い目で見ればお肌のダメージが少なくなります。医療従事者である医師や看護師が施術に対応する点でも安心感があるでしょう。より安全かつ効果的な方法で脱毛したいなら、医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛は、数ある脱毛方法の中でも、より安全性が高いという特徴もあります。美容皮膚科のフェミークリニックでは、院内の衛生環境にも力を入れており、完全個室の空間で安心して施術を受けていただけます。安全面に配慮された方法で脱毛したいときは、ぜひお気軽に当院までご相談ください。

«前の記事

次の記事»

Q&A一覧へ»

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55