コラム

どっちを選ぶ? 家庭用脱毛器VS医療レーザー脱毛!

「ムダ毛処理から解放されるため、脱毛を検討している」という女性は多いもの。
脱毛の主な方法は、エステサロンなどで行われている光脱毛、美容クリニックなどの医療機関で行われているレーザー脱毛の2つ。
レーザー脱毛のほうが高出力で照射するため、より高い脱毛効果が期待できます。
また近年は、クリニックでの医療レーザー脱毛のほかに、家庭用のレーザー脱毛器も販売されています。
レーザー脱毛を行う場合、脱毛器を使って自宅で行うのとクリニックで行うのでは、一体どちらが良いのでしょうか? 気になるそれぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

 

家庭用レーザー脱毛器

家庭用レーザー脱毛器の一番のメリットは、やはり自宅でレーザー脱毛ができるということ。好きなときや時間があるときを選んでムダ毛の処理ができるのは、忙しい女性にとって非常に嬉しいポイントです。
また、クリニックに通うのと比べて金銭的な負担が少ないのも家庭用レーザー脱毛器のメリットといえます。ただし、万が一故障してしまった場合や、バッテリーを交換しなければならなくなった場合には余計なお金がかかってしまうということも頭に入れておきましょう。
さらに、家庭用レーザー脱毛器は医療レーザー脱毛に比べて出力が低いため、一度行えば永久脱毛できるというわけではありません。「好きなときにできるのだから使用を続けたらよいのでは?」と考えがちですが、出力が低いとはいえ少なからず痛みを感じるため、処理を続けることができなかったという人も決して少なくないのです。

 

美容クリニックでのレーザー脱毛

クリニックでの医療レーザー脱毛は、やはり医療機関で行われるだけあって高い効果を得られるのがメリット。家庭用の脱毛器に比べるとかなり強い出力のレーザーで処理をするので、その分効果も出やすいのです。
また、プロの医師にしっかりと説明してもらえることや、不安な面を相談できるという安心感もメリットのひとつ。
さらに、クリニックで医療レーザー脱毛を行う場合、あらかじめ麻酔をかけてもらうことでレーザー照射時の痛みを軽減することも可能になります。
ただし、効果の高さや安心感の分、それなりにお金がかかってしまうのが医療レーザー脱毛のデメリットといえるでしょう。また、医療レーザー脱毛の場合には、予約をした上で決まった日時に脱毛をする必要があり、これが面倒に感じてしまうという人もいるようです。

 

家庭用レーザー脱毛器と医療レーザー脱毛、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。
脱毛をする上で最も重視したいポイントは、やはり脱毛効果の高さですよね。その点では、医療レーザー脱毛のほうに強みがあると言えるでしょう。
それぞれのメリット・デメリットを知り、脱毛にかけられるお金や時間などを考慮した上で、自分に合った脱毛方法をチョイスしてくださいね。

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55