コラム

お尻の自己処理に要注意! ムダ毛処理時のポイントとは?

体のいたるところに生えているムダ毛の処理は、女性にとっての永遠のテーマともいえますが、背中や肩などの自分では見えない部分は手を抜きがちですよね。
中でもとくに自己処理が難しい部位といえば、「お尻」。
背面だからこそ目で確認しながら処理をするのが難しく、丸みがあることからもカミソリを当てにくいというデメリットがあります。
しかし、お尻は女性にとってのアピールポイントでもある大切な部位。お手入れしにくいからといって放っておくと、海やプールで水着を着るときなどにはもちろん、好きな男性とのお泊り時などに見られてしまうかもしれません。
そんなことにならないためにも、お尻の上手なムダ毛処理のポイントをご紹介いたします。

 

お尻のムダ毛処理をするときの注意点とは?

ムダ毛というと腕や脚などの毛が一般的に感じられますが、実はお尻にも男性のように濃いムダ毛が生えていることに悩む女性も多いもの。
この悩みを解消するためには、こまめなセルフ処理が欠かせませんが、お尻のムダ毛処理は自分1人ではなかなか難しいですよね。とはいえ、誰かにお願いして剃ってもらうということに抵抗がある方もいるでしょう。
しかし、そこで無理にセルフ処理を行ってしまうとお尻の肌を傷つける可能性があります。とくにムダ毛処理はお風呂で行う方も多いと思いますが、これはNG。ボディソープなどを塗ってカミソリを滑らせると、勢いがついて肌を切ってしまう恐れもあります。
また、一度ケガをするとイスに座ったときに痛みを感じたり、下着による蒸れで治りが遅くなることもあるため注意が必要です。

 

お尻のムダ毛のセルフ処理方法とは?

自分でお尻のムダ毛を処理するときには、カミソリなどではなく電気シェーバーを使用するのがおすすめです。電気シェーバーは肌へのダメージを少なく抑えることができ、目で見えにくい部分でも比較的ムダ毛の処理がしやすくなります。全身鏡を使ってお尻を確認しながら、優しく電気シェーバーを当てていきましょう。
しかし、電気シェーバーの場合、カミソリよりも浅く剃ることで肌へのダメージを抑えているため、ツルリとした手触りにならないこともあります。だからといって何度も同じところを剃ったり、力を入れて押し当てたりすると肌へのダメージになる可能性があるため、十分に注意してください。また、セルフ処理が終わったあとには、ボディクリームやオイルを使った保湿を行って、アフターケアをしっかりと取り入れることも大切なポイントです。

 

女性にとって大きな負担となるお尻のムダ毛処理ですが、やはり定期的な処理を行うのは少々面倒ですよね。そこでおすすめなのが、美容クリニックでの脱毛です。
プロによる脱毛を受けることで肌へのダメージを最小限に抑えながら、憧れのツルツルお尻を目指すことができます。
大人の女性のたしなみとして、普段は見えない部分にこそお手入れをし、魅惑のお尻をゲットしましょう。

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55