Iライン 脱毛

Iラインの脱毛前に要チェック! 脱毛の範囲を確認しよう

デリケートゾーンの脱毛の中でも、Iラインは人気の部位です。
ムダ毛による蒸れやニオイが気になりやすい部位のため、「脱毛したい」と考える方が多いのです。
しかし、Iラインのムダ毛をすべて脱毛した女性の中には、後悔を抱く方もいます。
なぜIラインのムダ毛をすべて脱毛すると後悔してしまうのか、Iライン脱毛の範囲や注意点などとあわせてチェックしておきましょう。

 

Iライン脱毛の範囲はどこからどこまで?

Iラインとは、陰部の両側の部位のことを指します。
クリニックやサロンによって細かな違いがありますが、基本的には女性器が始まる辺りの両サイドから、Oライン(肛門の周囲)までの部分となります。
パンティーのクロッチ部分が当たるところ(Oラインを除く)と考えていただくと、分かりやすいでしょう。
そして、このIラインの脱毛を行うことで、デリケートゾーンのニオイや蒸れ、ムダ毛の絡まり、ムダ毛による痒みなどを防ぐことができます。
ただし、脱毛できるのはあくまでも皮膚の部分のみ。粘膜部分は脱毛できないので注意しましょう。

 

Iラインの脱毛する範囲は自分で決められる

Iラインの部位は上でお伝えした通りですが、実際に脱毛する範囲は自分で決めることができます。もちろんすべて脱毛することもできますし、毛を少し残した状態で脱毛することも可能です。
少し残す場合は、Vラインから毛をつなげて、少しずつ幅を減らしていくのが一般的です。
Iラインの前側のムダ毛を逆三角形型に残す、というと分かりやすいでしょう。
ただし、この形についても自由に決められますから、「こうしなくてはならない」というわけではありません。IラインはVラインの脱毛と同時に行う方がほとんどですが、Vラインの形となじませることで、より自然な印象に仕上げることができます。
では実際のところ、Iラインをすべて脱毛したときと、少し残したときでは、どのような違いが現れるのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

Iラインをすべて脱毛したときのメリット・デメリット

・メリット

Iラインをすべて脱毛したときのメリットは、何より快適に過ごせるということです。
ムダ毛が絡んだり、ニオイや蒸れなどの不快感を一掃することができます。
ムダ毛による刺激で痒みを感じやすい方にも、すべてを脱毛する方法がおすすめです。
また、おりものや経血が付着することもないので、清潔に保てる点もメリットといえるでしょう。実際の口コミでも、「かぶれなどのトラブルが減った」という声が寄せられています。

・デメリット

Iラインすべてを脱毛すると、正面から陰部が丸見えになるという特徴があります。
デリケートな部分であるからこそ、銭湯や温泉などで人に見られ、恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。もちろん、感じとり方は人それぞれですが、脱毛後の仕上がりについてはきちんと考えておく必要があります。
また、Iラインのムダ毛をすべて脱毛すると、トイレの際に尿が飛び散りやすくなったと感じる女性もいるようです。ムダ毛を一掃するので拭きやすくはなりますが、面倒が増えるという可能性もあります。

 

Iラインを少し残したときのメリット・デメリット

・メリット

Iラインのムダ毛を少し残した状態で脱毛すると、自然な見た目を維持することができます。
また、見た目だけでなく、手で触れたときも自然な印象になります。
恋人に不自然に思われたくない方は、少し残すことをおすすめします。
また、Iラインのムダ毛をすべて脱毛すると、「やっぱり少し残しておきたかった」と思い直しても元に戻すことができません。
残すか残さないかで悩んでいる場合は、少し残しておくことをおすすめします。

・デメリット

Iラインのムダ毛を少し残すデメリットは、すべて脱毛したときに比べるとスッキリ感が劣るということです。
しかし、少し残した状態でもIラインの大部分は脱毛されますから、一切お手入れをしない状態よりは断然快適になります。

 

あらかじめIライン脱毛の範囲や形を決めておこう

先述している通り、Iラインの脱毛の範囲は自由に決めることができます。
脱毛を始める前のカウンセリングでは、希望の形をスタッフに伝えていただくことをおすすめします。
Iラインをスッキリさせたいのか、それとも自然な印象に仕上げたいのか、遠慮なく伝えることで理想通りの脱毛が可能になりますよ。ぜひお気軽にご相談ください。

 

Iライン脱毛というと、生えているムダ毛をすべて処理すると思っていた方が多いでしょう。
しかし実際には、自分の好みや理想とあわせてデザインを変えることができます。
「ツルツルになりすぎるのは恥ずかしい……」と躊躇していた方も、自然に見えるIライン脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55