コラム

レーザー脱毛の副作用

医療レーザー脱毛はメリットがたくさんあり、美肌になること間違いなしとされていますが、本当に受けて見たい方にとっては、デメリットや副作用も含めて詳しく知りたいものです。
ここでは、そんな、特集されることの少ないレーザー脱毛のデメリット、副作用を紹介し、気をつけたいポイントについてお知らせしていきます。

 

医療レーザー脱毛の副作用

医療レーザー脱毛の副作用としてあげられるのは、以下の内容です。

・ やけど、炎症
・ あかみ
・ 毛嚢炎(ニキビ)

副作用があまり取り上げられないのは、上記のレーザー脱毛の副作用が、一週間程度で治る短期的な症状であるためです。
しかし、そのうち治ると考えて
、放っておくのはよくありません。 しっかり肌のトラブルが発生した場合は、きちんと専門のスタッフに相談しておきましょう。次回以降のレーザーの照射レベルを下げたり、施術前の炎症予防のケアを再度しっかり行うなど対策を立ててもらえます。
痛みが強い場合は、麻酔を処方してくれるクリニックもあります。
施術後に炎症がある場合も、炎症止めの外用薬の処方してもらえます。
医療レーザー脱毛は、安全とされますが、レーザーの威力の高さから医療行為に認定されている脱毛です。脱毛のリスクにも注意し肌に少しでも違和感を感じたらなんでもすぐに相談するようにしましょう。

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55