コラム

埋没毛はレーザー脱毛ができるの?

普段のムダ毛処理は、毛抜きやカミソリを使ってセルフケアしているという方は多いもの。しかし、こまめに処理をしなければならなかったり、お肌が傷んでしまったりとセルフ処理の煩わしさから「いっそのことレーザー脱毛でキレイになりたい!」と思うこともあるでしょう。
「でも、肌に黒いポツポツとしたものができてしまっていて、レーザーが効くのかどうかわからない……」とお悩みの方も多いのでは? それは自己処理を繰り返したことでできた「埋没毛」です。はたして医療レーザーで埋没毛も処理できるのでしょうか?
今回は、埋没毛について詳しく説明をしながら、医療レーザー脱毛でも埋没毛が処理できるのかなどを詳しくご説明いたします。

 

埋没毛ができるメカニズムは?

埋没毛とは、毛穴から出てこれずに、肌の奥で育ってしまった毛のことをいいます。
肌にポツポツと現れ、ひどくなるとお肌全体がくすんで見せてしまうことも。
美しい肌を目指す女性の大敵ともいえるこの埋没毛には、大きく分けて「毛穴の中で育ってしまうもの」と「表皮の下で育ってしまうもの」の2種類があります。

「毛穴の中で育ってしまう埋没毛」は、肌が傷ついたことで毛穴がふさがってしまい、毛穴から出られない毛のこと。
一方、「表皮の下で育ってしまう埋没毛」は、毛を中途半端なところでちぎってしまい、毛先が鋭くなった毛が皮膚に突き刺さった状態で、表皮の下で伸びてしまった毛のことです。

どちらも素人が無駄毛の処理をする際にお肌を傷つけてできることが多く、両ワキや脛、Vラインなどがとくにできやすいといわれています。
できてしまった埋没毛は自然に解消していきますが、改善するには長い時間がかかります。
しかし、正しい対処法をして肌の新陳代謝を活発にすれば、埋没毛もスムーズに解消されていきます。ゆっくりとぬるめのお風呂に浸かる、軽い運動を習慣にする、お肌のマッサージを習慣にするなどのセルフケアを心掛けて、埋没毛を解消していきましょう。

 

医療レ―ザーは埋没毛にも効果アリ!

医療レーザーは埋没毛も脱毛することができます。
レーザー脱毛はメラニンの色に反応して照射するので、皮膚の表面に出ていない埋没毛でも黒い色が目視できる状態であれば、毛根を熱変性させて死滅させることが可能なのです。
毛根が死滅すればその毛穴からは毛が生えてこなくなるので、レーザー脱毛でも埋没毛の脱毛ができるということなんですね。

ただし、一般的なムダ毛は2週間ほどで抜け落ちて脱毛効果が現れるのに対し、埋没毛は毛根が死滅した状態で皮膚の下に残ってしまいます。
そのままだとニキビや炎症の原因になってしまうので、先ほど説明した埋没毛の改善方法を心掛け、肌の新陳代謝を良くして改善していきましょう。
埋没毛が代謝によって肌の表面に出てきた場合には、アカスリ用のタオルなどで優しく肌を擦るとキレイになりますよ。

埋没毛が原因で自分の肌に自信が持てないという女性は多いはずです。
しかし、正しいケアとプロの手を借りることによって埋没毛は改善することができます。
自信溢れるツルスベ肌を目指して、埋没毛対策をしていきましょう!

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55