コラム

埋没毛はNG? レーザー脱毛のための埋没毛改善法

家庭で間違ったムダ毛の処理方法を続けていると、起こってしまうのが埋没毛というムダ毛トラブルです。
特にムダ毛の濃い女性に起こりやすいといわれています。
ムダ毛が濃く悩んでいる女性は、脱毛も視野に入れている人もいるでしょう。
しかしこの埋没毛は、レーザー脱毛では思うような効果が得られないといわれています。
そこで今回は、レーザー脱毛の前にやっておきたい埋没毛改善法を紹介します。

 

なぜ埋没毛には効果がない?

「埋没毛だってムダ毛に変わりはないのだから、レーザー脱毛でも効果があるのでは?」と思われがちです。
しかし、埋没毛は毛が肌の上に出ていない状態のため、レーザーの効果が半減してしまい思うような脱毛効果を得ることができないのです。

 

毛抜きで抜かない! カミソリで何度も剃らない!

埋没毛の主な原因は、毛抜きで無理に引っ張って抜いてしまうことです。
カミソリだとすぐに生えてきてしまうし、生えてきたときのチクチク感が嫌で「抜く」という処理を好んで行っている人も多いのではないでしょうか。
抜いてしまえば生えてくるまでの時間も長くなりますし、肌触りも良くなるので人気です。
しかし毛を抜いた後、肌は少なからず炎症を起こしそれを治そうと毛穴がかさぶたなどでふさがれてしまいます。
この状態で毛が生えてこようとしても出てくることができず、肌の下に埋もれてしまうのです。
その点、シンプルに毛抜きで抜くという処理をやめるだけで埋没毛を防ぐことができます。
また、カミソリで頻繁に処理をしてしまうことでも同様のことが起こるため、自己処理の回数も減らしたほうが良いでしょう。

 

保湿をして肌を柔らかく保とう!

肌の水分量が少なくなれば、肌はごわつきが出て固い肌触りになります。
肌が固くなればムダ毛もスムーズに生えてくることができず、埋没毛が悪化してしまうことも。
しっかりと保湿をし、ふっくらとした肌をキープすることができれば、埋没毛を防ぐことができます。
ひざなど角質がたまっている部位は、定期的にスクラブを利用して角質除去をするのも良いでしょう。

 

埋没毛は抜いて良い?

埋没毛があると「気になって抜いてしまいたい!」と思うかもしれません。

できれば埋没毛はそのままにしたほうが良いですが、どうしてもという場合は処理しましょう。 お風呂上りなど肌が柔らかい時に行い、消毒したピンセットを使ってやさしくゆっくりと押し出すように抜きます。
その後は肌の消毒と保湿をして、埋没毛ができないようなケアを心がけてください。

 

せっかくレーザー脱毛の施術を受けるなら、自己処理の手間を省きたいですよね。
実現するためにも、埋没毛を作らないようなケア方法を心がけて下さい。

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55