コラム

ムダ毛を脱毛すると「ワキガ」が治るって本当?

「ワキガ」は脱毛をすれば治る、と聞いたことはないでしょうか。
脱毛でワキのムダ毛から解放され、さらにワキガが解消されるのであれば、そんな良い話はありませんよね。
そこで今回は、本当に脱毛でワキガが治るのか、気になる噂の真相をお伝えします。

 

そもそも「ワキガ」とは?

「ワキガ」とは、ワキの下から不快な臭いが発生する体質のことです。
臭いには個人差があり、酢のような臭いと言われることもあれば、玉ねぎのような臭いであると言われることもあります。
ワキガの原因はアポクリン腺と言う汗腺ですが、本来、アポクリン腺から出る汗自体は無臭です。
しかし、アポクリン線から出た汗が肌の皮脂と混じり、常在菌であるコリネバクテリウムによって分解される際に異臭を発生させてしまいます。
アポクリン汗腺が多い人は、汗をかきやすく、細菌の活動も活発になるため、ワキガになってしまうのです。
ただ、ワキガであるか否かは自己判断が難しいため、気になる方は形成外科医などの専門医に見せて判断してもらうのが良いでしょう。

 

脱毛でワキガが解消されると言われている理由

ワキガは、ワキから放出されるアポクリン腺からの汗が原因なので、ワキ毛の処理をするだけで、根本的な解決になる訳ではありません。
しかし、脱毛がワキガに効果があると言われるには理由があります。
主な理由は、“ワキ毛を処理することで肌が清潔になり、皮膚に付着する汗や菌の数が減る”、“ムダ毛がなくなることで肌が乾燥し、菌が住み着きにくい環境になる”といったもの。
ワキガの方は、ワキの脱毛をすることが臭いを軽減することに繋がるのです。

 

ワキガの本格的な手術は?

軽度のワキガの方なら、ワキを脱毛することで気になる臭いをかなり軽減することができるかもしれません。
しかし、重度のワキガの方は、手術によってアポクリン腺を除去しなければなりません。
ワキガの手術にはいくつかの方法がありますが、再発や傷跡が残る可能性があることから、なかなか踏み出せないという方も。
脱毛はワキガの根本的な治療にはなりませんが、臭いを軽減する上では大きな効果を発揮してくれます。
「もしかしてワキガかも……。」と悩んでいる方は、脱毛をして様子を見てみるのも良いのではないでしょうか。
脱毛をしても一向に臭いが改善しない場合は、専門家に一度見てもらい、アポクリン腺の数が多く、手術でないと改善されないという場合のみ、意を決してワキガの手術に踏み切ってみてはいかがですか。

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55