PRP療法(ACR療法)

血小板の持つ成長因子で、細胞を活性化させる

患者さまから採取した血液の血小板を利用して、肌機能の低下を健康な正常状態に戻す治療です。
血小板というのは、新しく血管を作ったり、コラーゲンの生成を促すはたらきがあるため、肌細胞を活性化させることが出来るのです。
患者さま本人の血液を利用するので、副作用や感染症などの心配もいりません。

PRP療法(ACR療法)の主な特徴・効果

  • 血小板が持っている成長因子で細胞を活性化させ、お肌全体を若返らせることが出来ます。
  • 患者さまの血液を使用しますので、非常に安全性の高い治療を行うことが出来ています。
  • 血液の採取から施術までの全工程を、1日で行うことが出来ます。
  • 肌細胞の機能を高めることが出来るので、にきびやにきび跡にも効果があります。
  • 効果が出るまでには、2~3ヶ月の期間を要します。

PRP療法(ACR療法)(自己多血小板血漿注入療法)について

PRP療法(ACR療法)は、AutologousCellRejuvenationの略で、若返りを目的とした治療法です。
高濃度の血小板が含まれた多血小板血漿を皮膚内に注入することで、皮膚細胞を活性化させ、ダメージのない若々しいお肌を取り戻すことが出来るのです。
このPRP療法(ACR療法)は、歯科治療のインプラントの手術時に、歯ぐきの再生を目的として行われていたもので、それが美容治療にも使えるのではないかと、研究が進められ注目を集めるようになったのです。
人間の血液の中にある血小板には、細胞を活性化させて若返らせてくれる「成長因子」というものが含まれております。
この成長因子を皮膚の細胞内に注入をしてあげることで、皮膚細胞が活発にはたらくようになり、その結果お肌の若返りを実現させることが出来るのです。
PRP療法(ACR療法)は、しわやたるみ、しみ、毛穴、にきび、にきび跡といったさまざまな肌トラブルに効果があると言われています。

PRP療法(ACR療法)(自己多血小板血漿注入療法)
なぜ血小板で若返るのか

血小板は、怪我をして出血をした際に一番最初に傷口に集まってくる成分です。血小板にはPDF、FGF、EBF、VEGなどの成長因子が含まれており、これらが壊れた血管に刺激を与え細胞を修復して元の状態に戻します。
PRP療法(ACR療法)は、患者さまの血液から抽出した血小板の成長因子によって、しわ・たるみが気になる箇所に注入し改善する治療法です。自らの力をもって若返りを実現させる治療法です。

効果・メリット

肌の若返り・活性化
血小板の成長因子によって、お肌の若返りを実現させることが出来ます。
しわやたるみなど、気になる部分にだけ血小板を注入することが出来ます。
お肌のターンオーバーが正常になるため、にきびやにきび跡、毛穴などの治療にも利用することが出来ます。
安全性の高い治療法
PRP療法(ACR療法)は、患者さまご自身の血小板を使用して治療を行ってきます。
ですので、感染症やアレルギーのリスクがなく、安心をして施術を受けて頂けます。

再生医療等の安全性の確保等に関する法律について

老化に伴う皮膚の変化(しわ・たるみ・ニキビ痕)に対する治療を目的とした自己多血小板血漿(PRP療法)を行うにあたり、厚生労働省から義務付けられた「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に従い、再生医療等提供計画を提出し、下記の通り受理されました。

受理年月日 2015年11月24日
計画番号 渋谷院  PC3150507 (管轄 関東信越厚生局)
新宿院  PC3150508 (管轄 関東信越厚生局)
池袋院  PC3150510 (管轄 関東信越厚生局)
銀座院  PC3150509 (管轄 関東信越厚生局)
梅田院  PC5150191 (管轄 近畿厚生局)
心斎橋院 PC5150192 (管轄 近畿厚生局)

当院では、今後も安全にPRP療法(再生医療)をご提供して参ります。

使用キットの安全性について

当院では、アメリカFDA及び欧州CEマークに認可された非常に安全性が高い「マイセルPRPキット」を使用しています。PRP療法は患者さまの血液から採取した血小板による治療法のため副作用もなくアレルギー反応もほぼありません。

施術について

当院では患者さまの肌の状態等によってパスキン針も使用しています。一般的な注射器の先端は1本の針ですが、パスキン針の場合、3本の極細針で細かく均一に肌へ血小板を浸透させることができます。パスキンの針は極細のマイクロ針のため、刺した際の痛みが小さく内出血にもなりにくい点も特長です。

Before After






PRP療法(ACR療法)の治療案内メニュー
無料メール相談 無料カウンセリング予約
  • スマートフォンで見る
  • Facebookページを見る
  • instagramを見る
  • ブログを見る