ケミカルピーリング

余分な角質を酸の力で除去して、肌をリセット

ケミカルピーリングでは、酸を利用して機能が低下した古くなった角質層を除去させ、お肌のターンオーバーを健康な状態に戻すというものです。
ターンオーバーを正常化させることで、さまざまなお肌のトラブルを防ぐことが出来ます。

ケミカルピーリングの主な特徴・効果

  • 酸によって不要な角質層を除去させ、お肌の機能を健康な状態に戻します。
  • 不要な角質を取り除くことで、治療効果を高めることにも繋がります。
  • 肌質を柔らかくさせ、肌トラブルの発生を防ぎます。
  • お肌のターンオーバーが正常になることで、しみやくすみの発生を防ぐことが出来る。
  • 角質を無理やり剥がすことから、施術後から一定の期間は、お肌が乾燥をしやすい状態になります。

ケミカルピーリングについて

くすみやしわ、しみ、にきび、にきび跡、凸凹肌といったお肌の悩みの原因となるもののほとんどは、紫外線やホコリによる汚れや、お肌の老化により角質が蓄積されてしまうことによって起こると言われています。
ケミカルピーリングでは、古くなって蓄積されている角質をサリチル酸マクロゴールやグリコール酸によって取り除き、角質細胞の再生を促進させてくれるのです。
お肌のトラブルとなる原因を取り除き、新しくお肌を生まれ変わらせてくれるのです。
サリチル酸マクロゴールは、血中に吸収されることはほとんどありませんので、ピーリングのトラブルとしてよく起こる赤みや痛みなどの副作用は非常に少ないです。

ケミカルピーリングについて

効果・メリット

ニキビ肌にはもちろん、様々なお悩みにも効果的
肌荒れやにきびの原因は、お肌の細胞再生がスムーズに行われず、ターンオーバーが乱れてしまうことにあると言われています。
年齢が高くなればお肌のハリが失われ、しわやしみができてしまいますが、これもターンオーバーの乱れが主な原因となります。
ターンオーバーを健康な状態に戻してあげることで、コラーゲンの生成はもちろんのこと皮膚の再生に必要な成分が生成されるようになり、にきびやにきび肌、毛穴などの問題も解消され、アンチエイジングの効果も感じられるようになります。
他の治療の効果を高める
ケミカルピーリングでは、不要な古くなった確実を除去してくれるので、別に行っている美容治療の効果を高めることも出来ます。
梅田フェミークリニックで行っているアクシダームなどと併用をして施術を行えば、効果をさらに高めることが出来ます。

リスクとその解消法

施術後しばらくの間、肌が多少乾燥しやすくなる場合がある
ケミカルピーリングでは、人工的にお肌の角質を除去しますので、新しい角質細胞が出来るまでの数日間は、お肌が乾燥しやすかったり、化粧のりが良くないように感じることもあります。
フェミークリニックでは、ケミカルピーリングの施術後にイオン導入と保湿パックを行い、出来る限りの乾燥を防ぐようにしています。
梅田フェミークリニックで保湿性の高い化粧品を購入することも出来ますので、気になる方は問い合わせを頂ければと思います。

より高い効果を得るために

十分な保湿ケア・正しい洗顔を

ケミカルピーリングの施術後は、お肌が乾燥しやすい状態になっていますので、保湿ケアをいつも以上に行うようにして下さい。
保湿ケアをしっかりしておくことで、角質細胞をより早く生まれ変わらせることができ、正常の状態に戻る期間というのも短くなります。
ケミカルピーリングの施術後はお肌が敏感になっていますので、スクラブ洗顔や過剰な洗顔は避けるようにして下さい。
ご自宅でのセルフケアのアドバイスを梅田フェミークリニックでは医師やスタッフからさせて頂いておりますので、安心をして下さい。

施術の併用

ケミカルピーリングの施術時にイオン導入も一緒に行うのですが、アクシダームも併用して行うと、より高い効果を得ることが出来ます。


≫アクシダームについて

ケミカルピーリングの治療案内メニュー
無料メール相談 無料カウンセリング予約
  • スマートフォンで見る
  • Facebookページを見る
  • instagramを見る
  • ブログを見る