レーザートーニング(シミ・肝斑治療)

レーザートーニング最新のレーザー機器で肝斑の悩みを解消

レーザートーニングは「メドライト」という最先端のレーザーを用いた治療です。広範囲に均一のパワーを照射することができますので、今まで治療が困難とされてきた肝斑にも効果を発揮します。

レーザートーニングの主な特徴・効果

  • シミ治療に使われるレーザーでは治療が難しい肝斑にも効果が期待できます。
  • 肝斑はもちろん、シミ、くすみ、そばかすや、肌の色のムラ、毛穴縮小にも効果があります。
  • 施術の際、パチパチとはじくような刺激を感じることがあります。

肝斑について

肝斑とは30~40代の女性に起こりやすい薄茶色のシミの一種です。女性ホルモンの関係や、紫外線、摩擦などの刺激によって生じると考えられており、閉経後に消えるという報告もあります。
肝斑なのか通常のシミなのかを見分けるには専門知識が必要で、医師でないと正確な判断ができません。間違った治療を行うことで、症状を悪化させてしまうこともありますので、まずは医師の診断を受けることをおすすめします。

レーザートーニングについて

レーザートーニングは、「メドライト(MedLite)」という最新のQスイッチYAGレーザーを用いて行う治療で、主に肝斑の治療に使われます。
これまで肝斑の治療は、レーザーでは難しく、トラネキサム酸、ビタミンCの内服や外用、イオン導入などが採用されてきました。
その理由は、肝斑が通常のシミと異なり、レーザー治療によって逆に悪化する可能性があったからです。肝斑の場合は、メラニンを作るメラノサイトが、ほんの少しの刺激でも活性化されやすい状態となっており、レーザーの刺激によって肝斑をむしろ濃くしたり広げてしまう可能性があるといわれてきました。
しかし、「メドライト(MedLite)」なら、広範囲にレーザーを均一に照射するため、刺激が少なく、メラノサイトを活性化させる余分なエネルギーを肌に与えません。肝斑の大敵である肌へのダメージを与えることなく、蓄積したメラニンを少しずつ減らしていくことができます。

治療を重ねるたびにメラニンの量が減り、美しい透明感のある肌を実現していきます。

正常な皮膚組織をほとんど痛めません

・治療の際の出血や、治療後に傷跡が残る心配がありません。
・X線とは異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光ですので、副作用の心配もありません。
・レーザー照射時にパチパチとゴムではじくような痛みを感じることがあります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

効果・メリット

肝斑を短期間で改善
レーザートーニングなら今まで行えなかった肝斑へのレーザー治療が可能となります。従来は数ヶ月かかるとされてきた肝斑治療方法よりも短期間で効果を実感していただけます。

写真は30代女性のレーザートーニングでの術前と術後です。
レーザートーニング
肝斑だけでなく、シミやくすみ、毛穴の開きにも効果発揮
レーザートーニングを行うことで肝斑だけでなく、シミやくすみなどの色ムラにも効果が期待できます。毛穴の開きも引き締めて、ピンとハリのあるキメ細かい肌へと導きます。
今までいろいろな美肌治療を行ってきて、効果を実感できなかったという方にもおすすめです。
ダウンタイムや副作用の心配がない
レーザートーニングは非常に低刺激の治療ですので、腫れなどの副作用がでることもほとんどなく、治療後すぐにお化粧も可能です。ただし強くこすったりしないで優しく行いましょう。

両頬のシミ(肝斑)が薄くなりました

会社員 46歳 K・Oさん

レーザートーニングレーザートーニングレーザートーニング

お世話になっております。
肝斑には画期的な治療法がなかなか見つからず悩んでいましたが、レーザートーニングに出会い、肌全体の透明感も上がって大変満足しています。スタッフの方々も親切で、予約の時間通りに施術をしていただけるので、とても助かりました。

より高い効果を得るために

施術の併用

レーザートーニングは他の治療と平行して行うことでさらに効果が高まります。肝斑への効果を高めるためには、トラネキサム酸、ビタミンCなどの内服や外用、イオン導入やケミカルピーリング、また他の美白療法などを行い、肌の状態を良好に保ちつつ治療を行っていくことが大切です。

レーザートーニングの治療案内メニュー
無料メール相談 無料カウンセリング予約
  • スマートフォンで見る
  • Facebookページを見る
  • instagramを見る
  • ブログを見る