シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白の治療

シミの種類

老人性色素斑

老人性色素斑(写真)老人性色素斑(イラスト)シミの中でも最も症例が多く一般的なものが老人性色素斑です。30代以降に多く見られますが、中には10代、20代に現れるケースもあります。
日光性黒子ともいい、紫外線と加齢が主な原因です。茶褐色でシミの境界線がはっきりとしており、大きさは様々で、日光の当たりやすい顔の側面や額、頬、口の周りなどによくできます。
老人性色素斑は加齢に伴う老化現象ですが、年齢や経過とともに色が濃くなることもあり、放置すると脂漏性角化症へ進行することもあります。 近年はレーザー治療によって1回もしくは数回の治療で比較的簡単に除去することが可能になりました。


原因

紫外線によって表皮細胞が傷つくとメラノサイトが活性化されメラニンを蓄積します。メラニンが増加すると皮膚のターンオーバーで排出が間に合わなくなってしまうことが原因です。

さらに悪化すると・・・

年齢を重ねると老人性色素斑が次第に増えたり色味が濃くなることがあります。そのまま進行すると脂漏性角化症になることもあります。

そばかす

そばかす(写真)そばかす(イラスト)そばかすは幼少期から思春期に現れやすく、1~4mm程の小さな明るい黄褐色の色素斑が鼻や目の下、頬などに比較的左右対称にできるることが多いです。顔の他、手や背中などにもできます。
そばかすは紫外線にあたると色味が濃くなったり増えることがあるため、外出の際には日焼け止めを塗るなど紫外線予防が大切です。季節によって色味が変化する点も特徴的で、春・夏といった紫外線が強い時期に特に目立ちやすくなります。白人に多く、日本人にはそれほど多くはありません。


原因

そばかすが遺伝的要素が大きいです。
さらに紫外線や肌のターンオーバー異常も関連しています。

さらに悪化すると・・・

色味が濃くなることがあります。

肝斑

肝斑(写真)肝斑(イラスト)頬の高い位置に地図のように左右対称にできる黄褐色の色素斑です。30代以降に多く見られ、黄色人種に多く見られます。比較的濃いシミになるケースが多く、普段のメイクで隠すことが難しいことも多いです。肝斑は一般的な紫外線対策やシミケアでは改善することが難しく、一度できるとセルフケアで治すことは大変難しいものです。気になるからといってシミのある部分をこすったり刺激を与えると、ますます悪化する可能性があります。肝斑の可能性がある場合は早めに美容皮膚科に相談することをお勧めします。

肝斑ができる原因は複雑で、妊娠や出産、ホルモンバランスの乱れ、更年期、婦人科関連の病気など女性ホルモンが関連していると言われており、経口避妊薬(ピル)の使用が原因になることもあります。さらにストレスも関係しているため普段から十分な睡眠や偏りのない食習慣を心掛けるなど健康的な生活を意識することも大切です。

肝斑治療は他のシミ治療と異なり、一般的には有効であるレーザー治療が禁忌と言われています。ですのでシミ、肝斑治療の症例数が多く経験豊富な専門医による適切な診察が重要です。中途半端なケアや治療は悪化させる原因になるので、実績のある美容皮膚科に相談することが早期改善の第一歩です。


原因

肝斑の原因は明確に解明されていませんが、女性ホルモンの影響やストレス、紫外線によるメラニン増加、洗顔やメイク等による刺激などによる複合的なものが原因と言われています。

お悩み別治療一覧
  レーザー
トーニング
フォトRF アクシダーム シミレーザー ケミカル
ピーリング
Co2レーザー
老人性色素斑      
そばかす
(雀卵斑)
     
肝斑      
ADM          
炎症後
色素沈着
     
脂漏性角化症          

シミの種類

シミには様々な種類があり、それぞれに症状や原因も異なります。
ここでは、大きく分けて6種類に分類されるそれぞれのシミについて解説するとともに、
フェミークリニックでの治療方法について紹介します。

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ