シミの種類

ADM

ADMADM(イラスト)ADMは頬骨のあるあたりや額の左右対称の部分などに数個単位で現れることが多く、20代以降に現れる後天性のアザの一種です。最初は茶褐色ですが、メラニン量が増加してくると灰色からさらに青へと色が変化していきます。頬にできたADMは肝斑と間違われるケースが多いため、的確な診察と治療が重要です。
遺伝や紫外線が大きく関係していますが、明確には解明されていません。数回のレーザー照射によって除去することが可能です。


原因

紫外線や遺伝の影響が大きいと言われています。
通常のシミと異なり真皮層にメラニンがたまっている状態です。

さらに悪化すると・・・

色調が濃くなり、範囲が広がることもある。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着(イラスト)年齢に関係なく、皮膚にできた炎症の痕が色素沈着を起こし、そのままシミのようになってしまった状態です。ニキビ、やけど、虫刺され、かぶれ、アトピー、傷など様々な原因で生じます。通常の炎症は半年程度でターンオーバーによって色素斑が消失しますが、場合によっては数年経過しても消えないことがあります。この場合はターンオーバーを整えるなどのケアが必要です。


原因

そばかすが遺伝的要素が大きいです。
さらに紫外線や肌のターンオーバー異常も関連しています。

さらに悪化すると・・・

色味が濃くなることがあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症(イラスト)紫外線や加齢によって生じる色素斑で、 老人性色素斑が進行すると脂漏性角化症になるともいわれています。30代以上に現れることが多く、平らではなく多少膨らんだイボのようなシミで、中にはしこりのように突出したものもあります。
手のひら、足裏以外であれば身体の様々な部位にできる、黒っぽく表面がカサカサした色素斑です。
脂漏性角化症はまれに悪化して炎症を起こすことがあります。またわずかに膨らみがあるため、洗顔やタオルドライの際などに引っかかることもあります。


原因

加齢による皮膚の老化によって、角質の構造に乱れが生じ表面化することが原因です。
また老人性色素斑が進行して脂漏性角化症になるともいわれています。

さらに悪化すると・・・

数が増えたり、大きさが大きくなることがあります。
イボのような膨みが増すことにより引っかけてキズつきやすくなったりと炎症を引き起こす事こともあります。

お悩み別治療一覧
  レーザー
トーニング
フォトRF アクシダーム シミレーザー ケミカル
ピーリング
Co2レーザー
老人性色素斑      
そばかす
(雀卵斑)
     
肝斑      
ADM          
炎症後
色素沈着
     
脂漏性角化症          

シミの種類

シミには様々な種類があり、それぞれに症状や原因も異なります。
ここでは、大きく分けて6種類に分類されるそれぞれのシミについて解説するとともに、
フェミークリニックでの治療方法について紹介します。

お問い合わせはこちら

梅田院 0120-3888-67

心斎橋院 0120-3888-18

【電話受付時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

follow us !

  • facebook
  • instagram

55