ニキビ・ニキビ跡

一般皮膚科などでのニキビ治療の場合、抗生剤などによって一時的にニキビを抑える治療がほとんどですが、美容皮膚科を標榜するフェミークリニックでは、今あるニキビをなくすだけではなく、再発防止・肌質改善までしっかり治し、ニキビを根本から改善する治療を行っています。
特に大人ニキビには、思春期ニキビと異なり食生活や生活環境など様々な要因が複雑に関係しています。そのため当院では、一人ひとりの肌質や症例をきちんと診察した上で、最適な治療法を提案しています。

フェミークリニックのニキビ治療

15年間の治療実績 に基づく裏付けのある治療

115年間の治療実績に基づく裏付けのある治療

大人ニキビは原因が複雑なため、短期的な治療では完治しないことも多くあります。思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因ですが、大人ニキビは女性ホルモンのバランスや生活習慣、食生活、さらにストレスといったものが絡み合っており、治ったと思ったらまた症状が出るといったケースもよくあります。

美容皮膚科であるフェミークリニックでは、開院以来多数のニキビ・ニキビ跡治療を行ってきました。様々な症例に携わる中で蓄積された膨大なデータを元に、より早く的確なニキビ治療を行っています。

2肌にあわせたオーダーメイドの治療

フェミークリニックでは、ニキビ治療としてケミカルピーリングや光線治療(クリアタッチ)、光治療(フォトRF)、アクシダームなど様々な治療法を取りそろえております。その理由は、大人ニキビには特定の治療法はなく、それぞれの肌質や症状にあわせたオーダーメイドの治療法が必要なためです。幅広い治療ラインナップの中から最適な治療法を提供することで、できるだけ早く症状を改善できるように取り組んでいます。

3大手口コミサイトの「ニキビ・ニキビ跡治療」部門で満足度全国1位!

美容医療の口コミサイト「美容医療の口コミ広場」にて、ニキビ・ニキビ跡治療における口コミで高い評価をいただき、ランキング1位に選ばれました。実際に当院で治療された多くの患者さまから、高い評価を頂いております。

ニキビ・ニキビ跡について

ニキビについて

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで、段階を追って次第に悪化していく症状です。毛穴が詰まる原因は様々で、過剰に分泌された皮脂が原因で詰まる他、毛穴周辺の角質が硬く厚くなったり、また油分が多い化粧品を使用することによって毛穴が詰まることもあります。
ニキビは段階に応じて症状が異なり、初期段階では毛穴の表面が皮脂で詰まって白く小さな突起のある白ニキビができます。その後、皮脂が毛穴にどんどん詰まっていくと黒ニキビになり、炎症を起こした赤ニキビ、そして化膿ニキビへと症状が進化していきます。

ニキビ跡について

炎症を起こしていたり、化膿しているニキビに間違ったケアを行うと、より症状が悪化したニキビ跡へと進行します。ニキビ跡は皮脂が詰まった毛穴の周辺組織が炎症によって破壊されてしまった状態を指します。色素沈着によって赤みが残るケースや、皮膚がクレーターのように凸凹になってしまうケースなどニキビ跡にはいくつかの種類があります。
ニキビ跡になると、ニキビ以上に治療が困難になります。ニキビに気が付いたら早目に専門の病院で治療を行うようにしましょう。

ニキビ・ニキビ跡の基礎知識

ニキビ・ニキビ跡のメカニズム

ニキビ・ニキビ跡のメカニズム

ニキビには様々な原因があります。思春期にできるニキビはホルモンの異常分泌が主な原因ですが、大人ニキビの場合、食生活や生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因が複雑に絡み合っています。そのため経験豊富な医師による的確な診察と、それぞれの肌質や症状にあわせた治療法を選択することが重要です。

ニキビ・ニキビ跡の要因

ニキビタイプをチェック

ひと口にニキビといってもさまざまな種類があり、症状や原因は異なります。ここではそれぞれのニキビについて解説するとともに、フェミークリニックでの治療の方法についてご紹介します。

  • 1 黒ニキビ

    毛穴の中に溜った皮脂が酸化して黒くなり、毛穴が開いて黒っぽく見えている状態

  • 2 白ニキビ

    毛穴が閉じていて皮膚の一部が少し盛り上がって白く見えている状態

  • 3 赤ニキビ

    アクネ菌の増殖により周辺組織・毛穴周辺が炎症を起こしている状態

  • 4 化膿ニキビ

    炎症がさらに悪化して真皮にまで達し、膿をもった状態

  • 5 ニキビ跡の赤み

    表面の炎症が落ち着いたものの、内部に残った炎症で赤みがひかない状態

  • 6 色素沈着

    ダメージ回復時にメラニン色素が増産され、肌の表皮に沈着した状態

  • 7 ニキビ跡(クレーター・凹凸)

    炎症により皮膚細胞が壊れ、新しい皮膚が正常につくられない状態

ニキビ治療メニュー

お悩みや目的などに合わせて治療方法を選択することは、満足の出来る結果のためにとても重要です。
お悩みに合わせた治療方法をご紹介いたします。

  光線治療
+イオン導入
ケミカル
ピーリング
+イオン導入
フォト
RF

レーザー
トーニング
PRP療法
(ACR療法)
TCA
ピーリング
ダーマペン
黒ニキビ ◎ ◎          
白ニキビ ◎ ◎          
赤ニキビ ◎ ◎          
化膿ニキビ ◎ ◎          
ニキビ跡の赤み ○ ○ ◎        
ニキビ跡の
色素沈着
○ ○ ◎ ◎     ◎
ニキビ跡の凹み
(クレーター)
  ○     ◎ ◎ ◎

ニキビ・ニキビ跡治療の代表的な施術 光線治療の流れ

1カウンセリング・診察

ご来院頂き、まずは患者さまのお悩みをお聞きし、ご希望などをお伺いした後に医師によるお肌の診察をさせていただき、ニキビやニキビ跡の状態に適した治療方法をご説明いたします

2お肌のお手入れ

より治療効果を高めために専用ジェルを治療する部位に塗布し、角質を柔らかくします。専用ジェルを塗布することにより保湿作用で治療後の乾燥などの肌トラブルも防ぎます。

3角栓除去

一度塗布した専用ジェルを拭き取り、浮き上がった毛穴の詰まりを除去し、膿を出す「排膿」を行います。排膿・角栓除去により、ニキビやニキビ跡の状態悪化を防ぎ、早期改善を促します。

4光線治療

角栓除去した後、一度治療部位を冷却し、その後光線(パルスライト)の照射を開始します。
輪ゴムで弾かれる程度の軽い痛みがありますが、事前に冷やすことにより軽減されます。
治療部位の炎症の強い部分は何度か重ねて照射します。

5冷却・イオン導入

光線(パルスライト)を照射した部位のお肌を鎮静し、イオン導入を行います。
イオン導入によりビタミンCをお肌に導入することでコラーゲン生成を促し、皮脂を抑制し、ニキビ・ニキビ跡の改善と共に美白へと導きます。

6整肌

保湿クリームを塗布し、潤いを逃さないようにして治療終了です。

その他の治療の流れはこちら

ニキビ・ニキビ跡治療をされた方の声

ニキビ・ニキビ跡治療をされた方の症例写真

◆ニキビ治療
M.Oさん 会社員 28歳
・ケミカルピーリング
・光線治療(クロモライト)

≫ その他の体験談はこちら

ニキビ・ニキビ跡治療のよくある質問

≫ その他のよくある質問はこちら

私たちの想い

適切な診察による治療とあわせて日々の生活習慣にもアドバイスを行っています。

フェミークリニックでは、ニキビを改善するだけではなく、色素沈着やニキビ跡などがない美肌の状態をずっと維持できるような状態にすることが美容皮膚科としての使命だと考えております。そこでニキビの根本改善を目指し、一人ひとりの肌質や症状にあわせた治療の提案はもちろん、食生活や生活習慣にあわせたアドバイスをするなど一般の病院ではなかなか踏み込めない部分までトータル的にサポートを行っています。
大人ニキビは思春期ニキビと異なり、日々の食生活や喫煙、飲酒、睡眠といった生活習慣やストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因が複雑に絡み合っています。誤った自己ケアは症状を悪化させるだけではなく、クレーターのようなニキビ跡にまで発展してしまう可能性もあるだめ、できるだけ早く専門のクリニックに相談することをお勧めします。
大人ニキビは、完治するまで時間がかかることもありますが、再発しない美しい肌を目指して、じっくり一緒に取り組んでいきましょう。

ニキビ再発の主な原因と対策

一度ニキビができると腫れて正常な周辺の毛穴を圧迫してしまいます。
毛穴が圧迫されると皮脂やアクネ菌がたまりやすくなりそれが皮膚の炎症へとつながります。
これらの症状は毛穴に角栓が詰まることによって生じます。
角栓はホルモンバランスや乾燥によってふさがるといわれており、毛穴に角栓がつまらないようにすることがニキビの再発防止につながります。

スキンケア方法

上記にも述べたとおりニキビの主な原因は毛穴に角栓が詰まることです。
角栓が詰まるのを防ぐためにはホルモンバランスの乱れを防ぐことと肌の保湿ケアをしっかりと行うことが重要です。
ニキビは肉体的ストレス、精神的ストレス双方から影響を受けるといわれています。
ストレスからくる免疫力の低下によりニキビが化膿したり悪化にもつながったりする場合があります。
そして、お肌の保湿ケアをすることもニキビ予防には大切です。
皮膚表面が乾燥すると角質層のダメージにつながります。
ニキビができてしまうと、肌が清潔な状態に保たれていないということなのではないかと考えてしまい洗浄力の強い洗顔料を選ぶ方も多くいます。
しかし、洗浄力の高い洗顔料は肌に必要な油も洗い流してしまい、さらに乾燥させてしまう原因にもなりかねません。
刺激が少ない方法で乾燥を防ぎ、毛穴汚れを落とすことでニキビの改善につながります。
メイククレンジングは時間をかけ丁寧に、洗顔もネットを使用し十分に泡を作ってから行うなど基本的なことから改善を試みることで効果は現れやすくなります。

ニキビ治療後の適切なアフターケア

ニキビの治療を行うのは一般的には皮膚科と思われています。
しかしフェミークリニック大阪梅田院・心斎橋院では再発しづらい治療を行っております。
ニキビ跡が残らない美しい肌を望む場合には美容皮膚科がお勧めです。
大阪などの首都圏の美容皮膚科は一般的な皮膚科とは異なる最新美容技術を採用しているため、より専門的な治療を受けることが可能です。
ニキビ治療の中でもメジャーな方法が光線によるニキビ治療とピーリングによるニキビ治療で、大阪の多くのクリニックで取り入れられています。
光線治療は施術中に発生した熱によりかゆみや炎症を起こす場合がありますが、炎症を抑えるために処方薬が出されるため心配はいりません。
ピーリング治療の後に気を付ける点は肌の保湿です。
ピーリング治療は古い角質をはがし、肌をターンオーバーさせる治療であるため施述後は肌が乾燥しやすくなります。
保湿はもちろんのこと外出時は必ず日焼け止めをぬり、肌を紫外線から守ることが大切です。

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
渋谷院
0120-3888-76
新宿院
0120-3888-65
心斎橋院
0120-3888-18
池袋院
0120-3888-25
銀座院
0120-3888-29

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ