ニキビ・ニキビ跡治療

ニキビを正しく理解し、一緒にニキビを解消していきましょう

ニキビのメカニズム

ニキビは、ターンオーバーが乱れることで毛穴に角質や老廃物がたまり、そこにアクネ菌が増殖することで炎症を起こしたり膿をもつなど、次第に悪化していく症状のことを言います。
ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあり、思春期に成長ホルモンの増加によって起きるニキビは皮脂の過剰分泌が原因です。対して大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや肌機能低下による肌のターンオーバーの乱れが原因です。
肌の構造やターンオーバーのしくみを知ることで、ニキビができる原因をより詳しく知ることができます。

肌の構造

皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれています。

表皮は外的刺激から身体を守る働きを持っており、ケラチンというタンパク質が主成分です。表皮は定期的にターンオーバー(新陳代謝)を行っており、常に新しい表皮細胞が作られ古い細胞はどんどん肌の外側に押し上げられ角質となって排出されます。

真皮は肌にハリや弾力を与える働きがあり、毛細血管や末端神経、汗腺、皮脂腺などが集まっている層です。真皮の7割はコラーゲン・エラスチンで構成されており、その周囲にヒアルロン酸が覆うように存在しています。

皮下組織は真皮のさらに奥にある層で、大半が脂肪で構成されています。体温調整の他、表皮・真皮の働きを正常に働かせるための栄養を備蓄する役割などがあります。

ターンオーバーの仕組み

皮膚の表面部分の表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層で構成されており、最も下層にある基底層では常に新しい表皮細胞が作られています。
細胞は分裂を繰り返しながら次第に表面のほうに上がり、最も外側の角質層まで押し上げられると垢として剥がれ落ちます。この一連の流れをターンオーバーと言います。

肌は常にターンオーバーを繰り返しており、この周期は28日程度です。この周期は短くても長くても肌に悪影響を与えてしまいます。なおニキビの場合は、ターンオーバーの周期が長くなります。

ニキビのメカニズム

ホルモンバランスの乱れ・肌の機能低下

食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスといった生活習慣によってホルモンバランスが崩れると、肌機能が低下したり肌のターンオーバーの周期が乱れます。女性の場合、月経前にニキビができやすいという方もいらっしゃいますが、これは排卵期と月経期の間の「黄体期」に多く分泌される黄体ホルモンという物質が男性ホルモンに似た働きをするため皮脂の過剰分泌に繋がります。

ホルモンバランスの乱れ・肌の機能低下

ターンオーバーの乱れによって余分な皮脂や老廃物が正常に排出されないと、毛穴に詰まり次第に角質層が厚くなっていきます。これを角質肥厚といい、次第に肌表面にぼつぼつした突起が生まれます。この突起部分を指や爪で押すと粘り気のある白い物質が出てきますが、これは皮脂です。この状態ではまだ炎症を起こしていません。
ターンオーバーの乱れの他、間違ったスキンケア等によって化粧品やホコリをしっかり落としきれずにいると、汚れが毛穴に溜まった状態になり同様に角質が厚くなることがあります。

ホルモンバランスの乱れ・肌の機能低下

角質が溜まった状態はアクネ菌にとって繁殖しやすい環境のため、その状態を放置すると次第にアクネ菌が増殖し、炎症へと発展します。アクネ菌は脂肪が多くて空気に触れない場所を好むため、角質肥厚によって毛穴が詰まり皮脂が溜まった状態は、恰好の増殖の場となります。
またアクネ菌によって皮脂が分解されると皮膚細胞に強い刺激を与えます。これによって炎症が進み、膿がたまり化膿したり、肌深部にまで刺激が届くと炎症が沈静化した後も肌表面に凸凹が残ってしまうこともあります。

さまざまな原因

大人ニキビの原因となるホルモンバランスの乱れや肌機能の低下は、普段何気なく過ごしている日々の生活習慣が大きく関係しています。クリニックでの治療効果を高めるためにも、まずは普段のライフスタイルを見直し生活習慣を改善していくことが大事です。フェミークリニックでは治療と生活習慣へのアドバイスによってニキビ改善をサポートしています。

ホルモンバランスの乱れを招く要因

ストレス人間はストレスを受けると、ストレスに対抗するために脳下垂体から副腎皮質ホルモンを放出します。この副腎皮質ホルモンを放出する際に同時に男性ホルモンも分泌されるため、ホルモンバランスが乱れます。身体が男性ホルモンを分解しようとすると皮脂腺が刺激され皮脂量が増加します。また男性ホルモンは角質を厚くする作用もあり、ますます皮脂が詰まりやすい状態になります。

食生活の乱れコンビニやファーストフードなど手軽に外食ができる時代ですが、インスタントや加工品の大量摂取や肉食中心の食事、飲酒、たばこなどの刺激物、甘いものの摂りすぎは皮脂の分泌を増加させたり、内臓機能を低下させるなどニキビの原因となります。特に動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸には、男性ホルモン分泌を高める作用があるため皮脂の分泌量増加に繋がります。増えてしまった皮脂を分解するためにはビタミンB群が必要ですが、糖分を多く摂取するとビタミンB群が不足するため、必要な皮脂を分解することができにくくなります。普段から栄養バランスを考え、身体によいものを摂取するように心掛けることが大切です。またダイエットのために脂肪・炭水化物(糖類)を制限することも肌の乾燥や機能低下になります。

睡眠不足睡眠不足が続くとエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下します。エストロゲンは女性ホルモンの代表的なもので、分泌量の低下によってホルモンバランスが崩れると肌のターンオーバーも乱れ、皮脂が溜まりやすくなります。
また睡眠中は副交感神経が活発に働くため、肌細胞が活発に動いて日中に受けた肌ダメージを回復しようとします。特に22時~2時の間は肌のゴールデンタイムともいわれこの時間にしっかり睡眠をとるようにしましょう。

便秘と胃腸障害便秘の原因は運動や食生活など様々ですが、その中でも女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係していると言われます。プロゲステロンの分泌量が増加すると腸管からの水分や塩分の吸収率が高まり、便が硬くなり排便しにくくなります。
腸管の状態が良好であれば必要な栄養素はきちんと吸収されて身体に不要な毒素は排便として対外に排出されます。しかし便秘や胃腸障害によって腸管での吸収や排出がうまくいかなくなると、皮膚を経由しての毒素排出が増え肌にも影響を及ぼします。

生理不順・月経前症候群月経前は特にニキビが出やすいという方もいるのではないでしょうか。月経前の1、2週間は黄体期と言い、ホルモンの関係でイライラ、集中力低下、胸のハリ、腰痛、肩こり、便秘、眠気などの症状が現れます。この状態をPMS(月経前症候群)と言い、原因ははっきり解明していませんが、排卵後に分泌される黄体ホルモンの影響で皮脂分泌量が増える他、神経刺激を伝達するセロトニンの影響、モルヒネ作用のあるβ-エンドルフィンの低下など、様々な成分が関係していると言われています。 またPMSの時期は辛い症状も多くストレスを感じ、さらにホルモンバランスが乱れるという悪循環に繋がり、ますますニキビが悪化する原因になります。
PMSの他、月経周期の乱れや生理不順も、ホルモンバランスが崩れるためニキビができやすい状態になります。月経期・卵胞期・排卵期・黄体期のサイクルが定期的に繰り返されることでホルモンバランスが正常化しニキビができにくくなります。

肌の機能低下を招く要因

肌の乾燥肌の表面部分は皮脂膜という薄い膜があり、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐと同時に、外的刺激から肌を守る働きがあります。皮膚に十分な水分が行き届かず皮脂膜が乾燥すると、内部の水分が不足して角質層が硬くなり、毛穴を詰まらせる原因になります。また硬くなった角質はターンオーバーの際に正常に剥がれ落ちず、毛穴に溜まってしまうという悪循環に陥ります。

ビタミン欠乏肌を正常に保つためにはビタミンの中でも特にビタミンA、B、Cが重要です。これらが不足すると肌の機能低下を招き、ニキビができやすい状態になります。
ビタミンAは肌の新陳代謝を活発化する働きがあります。不足すると肌が乾燥し角質が硬くなります。ビタミンB群は皮脂の分泌を抑制するため、不足すると皮脂の分泌量が増えてきます。ビタミンCは抗炎症作用、皮脂分泌抑制作用、コラーゲン生成などの働きがあり、不足によって肌の維持機能が低下します。
ビタミン類は普段の食生活で必要量を摂取しにくいため、ニキビ治療の際には飲み薬や塗布薬によって補充することもあります。

誤ったスキンケア肌トラブルを避けるために日々おこなっているセルフケアが、逆にニキビなどの原因になっている可能性もあります。特に洗顔は皮膚の汚れや不要な皮脂を除くための大切なスキンケアです。商品選びや使用方法を誤ると、逆に肌を傷つけてしまうことになります。
ニキビができた際、肌を清潔にしようと普段よりも強めに洗顔をしたり回数を増やすと、逆に必要な皮脂までも取り除いてしまい、洗顔後の皮膚が乾燥することで皮脂の分泌をより活性化してしまうことになります。様々な洗顔料は洗顔フォームが商品化されていますが、一番大事なことは肌質や症状に会った商品を使用することです。不安がある際には一度ご相談ください。

紫外線紫外線を浴び続けると、真皮層にメラノサイトが増加し肌の組織を破壊します。メラノサイトはシミの原因でもあり、これによって肌のハリや弾力が衰えてきます。
紫外線を浴び続けると、肌はメラノサイトなどの有害成分を防御するため角質を厚くします。角質が厚くなれば毛穴を防ぐため余分な皮脂や汚れが溜まりやすくなります。

フェミークリニックのニキビ治療

「ニキビができづらく、跡のない美しい肌へ」

フェミークリニック総院長

本当のニキビ治療とは、今あるニキビをなくすだけでなく、ニキビ跡のない美しい肌を長くキープすることだと、私たちは考えています。

お悩みの解消だけでなく、メイクをするのが楽しくなるような美肌を長くキープするために、フェミークリニックでは安全性の高い確実な治療とさまざまなアドバイスによるニキビ治療を行っています。

フェミークリニックのニキビ治療

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ