ニキビ・ニキビ跡治療

ニキビの種類

ニキビには進行状態によって様々な種類があります。そして症状によって名称はもちろん治療法も異なってきます。同じ方に複数の症状のニキビができているケースも多くあり、この場合はそれぞれのニキビに合わせた治療法を行う必要があります。
まずはニキビの種類とその状態を把握し、症状にあわせた治療を行う必要があります。

初期症状

皮脂が毛穴に詰まり、中にたまった皮脂や角質が蓄積。

黒ニキビ《黒ニキビ》

毛穴の中に詰まった皮脂が酸化して黒く変化し、開いた毛穴が黒っぽく見えている状態


黒ニキビ●治療方法
光線治療
ケミカルピーリング

白ニキビ《白ニキビ》

毛穴が閉じているため皮膚の一部が白く少し盛り上がって見えている状態


白ニキビ●治療方法
光線治療
ケミカルピーリング
フェイシャルアクシダーム


黒ニキビ、白ニキビの状態から赤ニキビを作り出す原因はアクネ菌

角質が溜まった状態の黒ニキビや白ニキビの時期に適切なニキビ治療を行なえば、症状は比較的すぐに改善します。ですがこの状態を放置すると、毛穴に詰まったアクネ菌が増殖し皮膚に炎症が生じて赤ニキビへと進化します。赤ニキビになると炎症とあわせて膿が出ることもあり、この場合は黄色になることもあります。

赤ニキビ《赤ニキビ》

アクネ菌の増殖による周辺組織の炎症。毛穴周辺にも炎症が生じる


赤ニキビ●治療方法
光線治療
ケミカルピーリング

白ニキビ《化膿ニキビ》

炎症がさらに進んで、膿がたまった化膿ニキビになる


化膿ニキビ●治療方法
光線治療
ケミカルピーリング


ニキビ跡

赤ニキビになった際に炎症だけではなく黄色の膿が溜まってしまうと、ニキビを改善した後もニキビ跡になりやすくなります。
【治療方法】
ニキビを潰してはいけない、と子供の頃に注意されたことはありませんか?
ニキビを自分の指先や爪で潰してしまうと、傷口から菌が入り込みニキビの状態を悪化させてしまいます。ニキビ跡ができると肌が凸凹になってしまいます。治療後に美しい肌を維持するためにも、できてしまったニキビは潰したり触ったりせずに早めに医療機関で適切な治療を受けることをお勧めします。

≫ その他のニキビの種類

お悩み別治療一覧
  光線治療
+イオン導入
ケミカル
ピーリング
+イオン導入
フォト
RF

レーザー
トーニング
PRP療法
(ACR)
TCA
ピーリング
ダーマペン
黒ニキビ          
白ニキビ          
赤ニキビ          
化膿ニキビ          
ニキビ跡の赤み        
ニキビ跡の
色素沈着
   
ニキビ跡の凹み
(クレーター)
     

医師からのアドバイス

ニキビに関するご相談やお悩みは、男女問わずとても多くいただきます。
大人ニキビの場合、食生活や睡眠不足、喫煙や飲酒、ストレスなど普段の生活習慣が複雑に絡み合っているため、現代社会で忙しく働いている方々の場合、以前よりも症状が出やすい状況になっているのかもしれません。
ニキビができた当初は市販のケア商品を使用する方も多いようですが、生活習慣なども深く関係している大人ニキビの場合は、市販商品では根本的に改善することは大変難しいでしょう。
またニキビと言ってもその状態によって治療方法は様々です。現在フェミークリニックでは、ピーリング、光治療、PRP療法など様々な治療法を導入しており、それぞれの症状に合わせ、的確な治療を提供しています。
また、ニキビを潰してしまうことで生じるニキビ跡のご相談も多くいただきます。ニキビ跡は肌が凸凹するだけではなく、赤みや色素沈着などが生じていることもあるため、医師による診察の上で的確な治療法を提案しで改善していきます。
ニキビ・ニキビ跡の治療は、いずれも症状や原因が複雑なため、きちんと医師が診察をした上で的確な治療を行うことが、跡を残さずにキレイに完治させるための近道です。

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お電話でのお申し込み

梅田院
心斎橋
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00

WEBでのお申し込み

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

お問い合わせ

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18

診察時間   [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00

電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

ページトップへ